《コマンダーローレル/Commander Laurel》

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
ディメンジョンポリス - エイリアン パワー4000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(R)】:[あなたの《ディメンジョンポリス》のリアガードを4枚選び、【レスト】する] あなたの《ディメンジョンポリス》のヴァンガードのアタックがヒットした時、コストを払ってよい。払ったら、あなたのヴァンガードを1枚選び、【スタンド】する。

 虚影神蝕で収録されたグレード1のディメンジョンポリス

 ヴァンガードの運用に特化したこの能力は【ディメンジョンポリス】の特性と合致し、かつ強力であり、元々のパワーの低いグレード1のカードでありながら【ディメンジョンポリス】の最重要カードに位置すると言っても過言ではないカード
 ドライブチェックが行える機会の増加は単純に強力で、積極的に狙っていきたい。

 2つの縦列のリアガードアタックできないということは、バトル回数が1〜2回減ってしまうためシールド10000~20000相当のガーディアン相手に与えるのに等しいが、計4回のドライブチェックを行うと枚数差はほぼイーブンとなる。
 アタックそのものによりアドバンテージが生まれ、トリガー効果が発動すればそれ以上のアドバンテージを得られる。

 ただ誘発させるだけでも十分有意義な性能だが、ヴァンガードの運用に特化したディメンジョンポリスにおいては、相性の良いカードは多種多様に存在している。

 また、トリプルドライブ!!!を持ち、ハーツカードからパワーを得ているGユニットスタンドすることができれば、高パワーアタックを2回+計6回のドライブチェックを行えるため非常に強力。
 他のカードのサポートと関係なく活用できるので運用上の安定性も高い。

 【ディメンジョンポリス】ヴァンガードパワーを与えることで自動能力要件を達成する戦法を得意としているが、スタンド前のドライブチェックトリガーユニットを出しその効果を与えれば、そのパワーを持ち越し、パワー関連の要件を改めて達成させることができる。

 当然ながら、ヴァンガードアタックが防がれた場合は残ったリアガードアタックできるため、無理なく誘発を狙うことができる。
 このカードパワーがかなり低いのでパワーラインは落ちてしまうが、単独でパワー12000以上に達することができるカード前列に置ければ十分なラインを保てる。

 あらゆる欠点を補って余りある価値を持つカードだが、4枚以上のリアガードを揃えなければならない点はある程度問題となる。
 2枚以上の呪縛を行われているとコストを全く払えず、序盤から継続的にカードの消耗を強いられていると無理矢理に捻出することすらできないということも珍しくはない。

  • 2018年4月17日告知、同7月20日(アジアサーキットの覇者の発売日)実施のプレミアムスタンダード・クランファイトにおける【カードの使用制限に関するルール】で【1枚まで使用可】に指定されている。
    • 規制の理由は、このカード能力は、イマジナリーギフトなど新シリーズ初出のシステム自体との親和性が非常に高く、新シリーズのディメンジョンポリスのカードの制作に大きな制限がかかったためとされている。
    • 旧レギュレーションのクランファイトにおいて2015年3月2日(ディメンジョンポリス初のGユニットとなる《超宇宙勇機 エクスローグ》の配布開始日)から2016年1月21日まで、「(Gシリーズ初出のシステムである)Gユニットとの組み合わせでバランスの崩壊を防止するため」から、ファイターズルールで【1枚まで使用可】の指定を受けていたが、大会での採用率を受けて2016年1月22日より【使用制限解除】された。
      • 1枚のみという指定は過去に例がなく(複数枚の制限の合計で実質的に1枚指定に近い形をとっていたことはある)、理由が大会環境を受けてのものではないことからも、如何に脅威として判断されているかが見て取れる。
      • Gユニットとの相性自体が変わったわけではないため、規制解除の同時に「規制検討」(=再び枚数規制を加える可能性がある)の枠となっている。
    • 新レギュレーションの期間限定構築条件であるGスタンダードでは旧レギュレーションを引き継ぐ形として、使用制限はなかった。
  • アニメでは第56話(VS先導アイチ)で光定ケンジが、第136話(VS光定ケンジ)では臼井ユリが使用。どちらでも《イニグマン・ストーム》スタンドすることに成功している。
    • 光定使用時の自動能力使用時の台詞は「これぞ必殺、ディクタトル最終支配!」
      • 「ディクタトル(dictator)」は「独裁官」と訳される共和制ローマの役職で、非常事態時に国家の全権を一任するための役職。ガイウス・ユリウス・カエサルもこの役職に就いてローマの体制を改革した。
    • 第64話では惑星クレイでの会議にこのユニットが出席していた。
    • 第136話では、回想シーンにおいてユリが光定に初めてアドバイスするきっかけとなったカードとして描かれていた。

関連カード

ユニット設定

ディメンジョンポリス第78支部の総司令。
元は軍師として各支部で多大な戦果を挙げており、組織内にその名を知らぬ者は無いと言われるほどの辣腕を持つ。
寄せられた全幅の信頼は彼の力となり、またそれに応える采配がより部隊の結束を強める。

  • 「ローレル(Laurel)」とは月桂樹のこと。ギリシャ語で「ダプネー(Δάφνη)」といいギリシャ神話の女神ダプネーの変じた姿といわれる。葉の付いた枝を環状に編んだ冠は「月桂冠」と呼ばれ、古代ギリシャでは勝利と栄光のシンボルとして勝者や優秀な者などに授けられた。アポロンがかぶっているのもこれである。

FAQ

該当するQ&Aはありません

収録情報

ブースターパック虚影神蝕BT04/015 RR イラスト/前河悠一ディメンジョンポリス、直ちに現場へ急行せよ!
PRカード2017年1月度 大ヴァンガ祭まであと4ヶ月!! プレヴァンガ祭ファイト~1月~ WINNERカードPR/0517 イラスト/前河悠一(※なし)