《クロノドラゴン・ギアネクスト/Chronodragon Gearnext》

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
ギアクロニクル - ギアドラゴン/十二支刻獣 パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【起】【(V)】【ターン1回】【Gブレイク】(2):[【ソウルブラスト】(1),あなたのGゾーンからこのユニットと同名の裏のカードを1枚選び、表にする] このユニットは【自】(V)【ターン1回】:このユニットがアタックしたバトルの終了時、あなたのハーツカードが〈ギアドラゴン〉なら、(R)か手札の〈十二支刻獣〉を合計3枚まで公開し、山札の下に好きな順番で置く。3枚置いたら、このユニットを【スタンド】し、ドライブ-2。』を得る。
【永】【(V)】【Gブレイク】(4):このユニットの2回目のバトル中、パワー+10000/ドライブ+1。

 竜皇覚醒で収録されたギアクロニクルGユニット

 1つ目の能力は、1ターンに1回、ソウルブラスト(1)とGゾーンの自身と同名の裏のカード1枚を表にすることで、『1ターンに1回、アタックしたバトルの終了時にハーツカードギアドラゴンなら、リアガードサークル手札から十二支刻獣を合計3枚まで公開し、デッキボトムに置き、3枚置いたら、自身をスタンドし、ドライブ-2を得る自動能力』を得るジェネレーションブレイク(2)の起動能力

 他のGユニット超越またはコールした後でしか使えないが、ドライブ1で自身をスタンドする能力を得られる。

 得られる能力要件では、ギアドラゴンハーツカードリアガードサークル手札十二支刻獣を合計3枚要求されるため、使えるデッキはある程度限定されてくる。

 十二支刻獣の中にはトリガーユニットを始めとして汎用性の高いカードがそれなりに揃っているためハーツ化が可能なギアドラゴンを主軸に据えていればどのようなデッキでも利用は狙えるものの、安定性を重視するのであれば基本的には【十二支刻獣】での利用が望ましい。

 スタンド能力としてはそのまま利用すると、カード3枚を消費してドライブ1でスタンドするので、3:1交換で2枚分のディスアドバンテージを負うことになる。
 2枚分のディスアドバンテージは小さくないものの、公開してデッキボトムに置く十二支刻獣の枚数が、リアガードサークル手札のそれぞれから合計3枚となれば自由なので工面しやすいとも言える。

 2つ目の能力は、自身の2回目のバトル中、パワー+10000/ドライブ+1を得るジェネレーションブレイク(4)の永続能力

 有効になる期間の関係から起動能力で得る自動能力の利用が前提となるがそちらとの併用で、3:2交換のカード消費でパワー36000/ドライブ2でスタンドすることができる。
 有効化はGゾーンの表のカードが2枚以上の状態からこのカード超越して起動能力コストを払うだけで行えるので、基本的にはこちらの能力を利用できる状態での利用が望ましい。

関連カード

ユニット設定

すべての「十二支刻獣」の頂点に立つ“ギアクロニクル”の総代「クロノジェット・ドラゴン」の新たな姿。魔法や科学などの一般的な力では破壊できない「空間の盾」を生成し、これを刃に変化させることで攻撃にも転用できる。また、口腔内には時空の力を制御するための「時空式」が刻まれており、前述の時空武器と同じ原理のブレスを吐き出すことも可能となっている。自分と同一の存在でありながら、まったく別の道を歩む「クロノ・ドラン」との融合を経験したことで、彼の未来も他の生命体同様、無数に枝別れする可能性の大樹へと変化した。「ギアネクスト」は未来におけるクロノジェットのひとつであり、彼が自らの意思で選び取った「ネクステージ」以外の初めての可能性でもある。

FAQ

  • Q3540 (2017-08-24)
    Q. []の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。
  • Q3544 (2017-08-24)
    Q. このカードの能力やコストで公開されたカードはいつまで公開されますか?
    A. 公開されたカードが別の場所に移動するか、他の能力の解決やゲームが進行する前に、公開されたカードを元に戻します。
  • Q3547 (2017-08-24)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q3548 (2017-08-24)
    Q. Gユニットが持つ【ジェネレーションブレイク】は、自分自身も表のカードの枚数に数えてよいのですか?
    A. はい、ヴァンガードサークルにいるGユニットも【ジェネレーションブレイク】の条件として数えられます。例えば【ジェネレーションブレイク】(3)であれば、Gゾーンの表のカード2枚に加え、ヴァンガードサークルに(表の)Gユニットがいれば合計3枚なので【ジェネレーションブレイク】(3)は満たしています。
  • Q3550 (2017-08-24)
    Q. 【ジェネレーションブレイク】で指定された枚数を満たすために、その能力自身のコストで表にする予定のカードも数えてよいのですか?
    A. いいえ、数えられません。この能力のコストの支払いは、Gゾーンとヴァンガードサークルに表のカードが合計で指定された枚数以上ないと支払うこと自体ができません。
  • Q3551 (2017-08-24)
    Q. ハーツカードもソウルとして扱えますか?
    A. いいえ、ハーツカードはソウルではありません。
  • Q3560 (2017-08-24)
    Q. 【ターン1回】の能力を持っているユニットが複数枚いる場合、どれか1つしか使えないのですか?
    A. いいえ、使えます。【ターン1回】の能力は、カードごとにそれぞれ各ターンに1回使うことができます。

収録情報

ブースターパック竜皇覚醒G-BT12/009 RRR イラスト/HMK84決意を纏って踏み出す一歩が、永遠の勝利を刻む。
G-BT12/S07 SP イラスト/HMK84(※なし)