《イニグマン・フロー/Enigman Flow》 節を編集

ノーマルユニット 〈0〉 (ブースト)
ディメンジョンポリス - エイリアン パワー5000 / シールド10000 / ☆1
【自】:「イニグマン・リプル」がこのユニットにライドした時、あなたの山札から「イニグマン・ウェーブ」を1枚まで探し、相手に見せ、手札に加え、その山札をシャッフルする。

 虚影神蝕で収録されたグレード0のディメンジョンポリス

 汎用的なファーストヴァンガード候補は《運命の戦士 ダイ》等が他に存在するため、採用する場合はそちらにはない独自の利点から繋がるコンボを狙うことが前提となる。

 1つ目の利点としては他のグレード2を差し置いて《イニグマン・ウェーブ》ライド率の向上が上げられる。
 この点から【イニグマン】における《イニグロイド・コムラード》《イニグマン・ストーム》のようにヴァンガードサークルソウル《イニグマン・ウェーブ》を必要とするカードの大きな補助となる。

 もう2つ目の利点としてはメインデッキに入れるグレード2の《イニグマン・ウェーブ》の枚数を少数に減らし、その分の枠を他のカードに割く余地ができることが上げられる。
 その応用としてグレード2のカードの枚数自体を減らして枠を他グレードに割り振ることが考えられる。

 しかしながら、グレード1のカードの枠は既に《イニグマン・リプル》《イニグマン・スコール》で圧迫されておりそれを補うのでは本末転倒になりやすい。
 前列要員として役割の強いグレード2のカードと比べてパワーが低く総合的なパワーの低下は避けないため割り振り先としてはやや不向きである。

 そのため、グレード3のカードの枚数を増やすのが主となるがそれらはグレード2のカードよりパワーは高めだがシールドを持たないため、手札でも持て余しやすく単純に防御力の低下に繋がりやすくなる。
 だが、グレード3のディメンジョンポリスの枚数を増やした場合、《超次元ロボ ダイカイザー》が与える能力等のドライブチェックグレード3のディメンジョンポリスがでた時の能力誘発率を高ることが考えられる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

ブースターパック虚影神蝕BT04/030 R イラスト/丸山浩ヒーロー、それは正義。ヒーロー、それは永遠の謎。