《アルフレッド・アーリー》(フォース)

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!) (フォース)
ロイヤルパラディン - ヒューマン パワー13000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】:登場時、【コスト】[【カウンターブラスト】(1)]することで、あなたの、手札かソウルから「ブラスター・ブレード」を1枚までリアガードサークルにコールし、そのターン中、そのユニットのパワー+10000。コールしたら、1枚引く。

 先導 アイチで収録されたグレード3のロイヤルパラディン

 手札ソウルから《ブラスター・ブレード》スペリオルコールすることで、そのユニットパワー+10000を与えつつ、1枚のドローを行える。
 予め手札ソウルのどちらかに《ブラスター・ブレード》がなければ使えないもののパワーの増加とドローで戦力の補強が行える。
 特にソウルからスペリオルコールに成功すれば合計で2枚分のアドバンテージを得られるので、5〜6ターン目ではそれを狙うのが理想となる。
 スペリオルコールする候補の筆頭となる《ブラスター・ブレード》(Vシリーズ)は及第点のパワーに加えて、登場した時に誘発する退却能力相手ディスアドバンテージを与えることができる。
 そのままでもパワー20000のリアガードとして運用できるが、さらにライドする際に獲得したフォースも利用して集中的にパワーを増やせば、単体でもパワー30000まで狙える。

 ドロー効果の存在からグレード3のユニットノーマルライドした場合でもアドバンテージ的には1:1交換となり、同時にフォースも獲得できるので再ライド要員として有用である。

 その他には、《波動の賢者 ターナ》能力を利用すれば、タイムラグと再ライドによる余分な手札を消費をなくしつつこれらの恩恵を享受でき、《フローラルパラディン ふろうがる》スタンドトリガー等でスタンドと併用すれば高パワーをより活かせるようになる。

 必要となる《ブラスター・ブレード》の確保に関しては、《ばーくがる》ファーストヴァンガードに設定しておけば、《未来の騎士 リュー》能力でほぼ確実に3~4ターン目の段階でライドしてソウルにおく準備を整えておくことができる。
 再ライドでの運用も見据えて手札に加えたい場合でも、《孤高の騎士 ガンスロッド》《ういんがる・ゆーす》等のサポートは充実している。

関連カード

ユニット設定

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ

  • Q4161 (2018-04-27)
    Q. イマジナリーギフトとは何ですか?
    A. イマジナリーギフトにつきましては、以下のページをご確認ください。http://cf-vanguard.com/howto/new_system/
  • Q4167 (2018-04-27)
    Q. すでにユニットが置かれているリアガードサークルにもコールできるのですか?
    A. はい、できます。その場合、もともと置かれていたユニットは退却します。

収録情報

トライアルデッキ先導アイチV-TD01/001  デザイン:伊藤彰 イラスト:三好載克若き王は光の盟友と共に、信じた道を歩き続ける。