《アモンの鉤爪(かぎづめ) マルコキアス/Amon's Talon, Marchocias》

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
ダークイレギュラーズ - デーモン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】(お互いのヴァンガードがグレード3以上で解放!) - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【起】【(V)】【ターン1回】:[【カウンターブラスト】(1)] あなたのカード名に「アモン」を含むハーツカードがあるなら、あなたのカード名に「アモン」を含むリアガードを2枚選び、そのターン中、あなたのソウル5枚につき、そのユニットとこのユニットのパワー+3000。

 ファイターズコレクション2015で収録されたダークイレギュラーズGユニット

 1ターンに1回、カウンターブラスト(1)で、「アモン」のハーツカードがあるならソウル5枚につき自身と「アモン」のリアガード2枚にパワー+3000を与える起動能力を持つ。

 ソウルが10枚以上なら縦列3つにパワー+6000、あるいは中央列パワー+6000と右列左列1つにパワー+12000という十分な数値を与えることができる。
 ソウルを増やしつつ「アモン」のユニットパワーを増やせる《アモンの瞳 アガレス》《アモンの眷族 バーメイド・グレイス》との相性も良く、併用しておくことでより多くのパワーを稼げるようになる。

 9枚以下であっても最低限の5枚以上であれば《大魔神 ソウルレス・デマゴーグ》よりも安定してパワーを与えられることには変わりなく、6ターン目以降なら5枚以上にすらなっていないことは少ないだろう。

 一応、このカード超越した時点でソウルが4枚以下である場合、そのターンメインフェイズ中にソウルに3枚以上のカードを置けるのであれば、《大魔神 ソウルレス・デマゴーグ》を使った方が効率良くなるので使い分けをする余地はある。

 ただし、【アモン】《アモンの眷族 オディオス・サンダー》《アモンの難壁 バフステア》の利用の安定化を重視しない場合には、「アモン」のグレード2以下のカードをあまり優先しないことも場合もあり、そのような構築では少々扱いにくい。
 特に《ドリーン・ザ・スラスター》《砂塵の異能者 イザヤ》が用意できている場合は、そちらを機能させることを優先する動きを選ぶ方がパワーラインが高くなることも珍しくない。

関連カード

ユニット設定

今より数百・数千年以上の時を経た未来――かつて、悪魔「マルコキアス」は「獄爪公(ごくそうこう)」と恐れられ、
多くの軍勢を率いる大公爵だった。アモンに降され、その軍門に降る事になるまでは。

彼のような力づくで引き入れられた悪魔は皆「黒幕(フィクサー)」と言う称号を与えられた。
フィクサーとは「隙あらばいつでも寝首をかいてよい」という契約のもと、それを除いた平時は忠実な部下でい続けるという事を誓う、云わば反逆許可証。

降った直後、フィクサー達はこぞってアモンの命を狙ったが、数月も経たない内にその頻度は激減する。
力の強い者ほど早く気づくのだ。相手と自分の間には途方もない格の差があるのだと。
マルコキアスが得た大公爵の称号、それは数千年以上前にアモンが通り過ぎた道に過ぎないのだと。

さらに時が経ち、マルコキアスは「アモンの鉤爪」と呼ばれるほどに強大な悪魔となった。
幾千幾万の反逆者を切り裂き、それでもなお、真の標的の首を落とす事はかなわない、
奴を狩るのは、オレだ――いつしかフィクサー達は互いに睨みをきかせ、抜け駆けを許すことが無くなった。
アモンを超える為に彼らは強くなる。その行為が、結果的にアモンを守る事につながっているとも知らずに。

最強の反逆者達に守られる古城の奥。 玉座に座る巨大な悪魔が、頬杖をついて薄く笑った。

  • 「マルコキアス(Marchocias)」または「マルコシアス(Marchosias)」は、悪魔学における悪魔の一人。そちらは「公爵」ではなく、30の軍団を指揮する「侯爵」である。

FAQ

該当するQ&Aはありません

収録情報

スペシャル/コレクションファイターズコレクション2015G-FC01/018 RRR イラスト/山﨑奈苗アモンには、圧倒的な力を持つ黒幕(フィクサー)達がいるという。