《アモンの眷族(けんぞく) オディオス・サンダー》

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
ダークイレギュラーズ - ヒューマン パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】:このユニットが(R)に登場した時、【ソウルチャージ】(1)。【ソウルチャージ】されたカードが「アモン」を含むカードなら、そのターン中、このユニットのパワー-4000してよい。そうしたら、【ソウルチャージ】(1)し、あなたのソウル5枚につき、そのターン中、このユニットのパワー+5000。

 鬼神降臨で収録されるグレード2のダークイレギュラーズ

 リアガードサークル登場した時に、ソウルチャージ(1)し、ソウルチャージされたカードが「アモン」のカードなら、パワー-4000を得ることができ、そうしたら、ソウルチャージ(1)し、ソウル5枚につき、パワー+5000を得る自動能力を持つ。

 追加効果を利用できずとも最低限ソウルチャージ(1)が行えるとはいえ、それでは《媚態のサキュバス》との差別化するには要件がないことのみとなってしまうので、基本的には純度の高い【アモン】で利用して追加効果の利用まで狙うことになる。

 追加効果では、追加ソウルチャージ(1)を行いつつ、パワーの増加が行える。

 ソウルが4枚以上ある状態で利用すれば、要件を満たすために減らした分だけ相殺されるとはいえ、追加でソウルを1枚稼ぎつつパワーを増やすことができ、10枚以上の効果量なら、コストなしで《アモンの眷族 サイコ・グレイブ》よりも高いパワー15000以上に到達できる。

関連カード

ユニット設定

新たに傘下に加わった「アモンの眷属」の1人。その名は「別離の雷」を意味する。異能移植実験の被験体だったが、精神に異常をきたした振りをして脱出の機会を窺っていた。廃棄の決定に伴って自分への警戒が疎かになったことで、彼は同じ境遇にあった「ヘイトフル・サイクロン」を連れての脱出に成功する。その後、ヘイトフルの異能の副作用である「怒り」を鎮めるために、多くの異能者や悪魔らと戦い続ける日々を過ごしていたが、彼はヘイトフルが限界に近いことを悟っていた。そんな彼らの前に、突如「アモン」の使者なる者が訪れ、こう告げた。「アモン様に忠誠を誓うならば、その苦しみを止めてやろう」と。アモンの紋章の力を借りることで、湧き上がる怒りを魔力に変換して蓄積できるようになり、苦難の旅は、ここに終わりを迎えた。主の思想など、自分たちには到底理解できない。ではなぜ今も戦っているのか?彼らの答えは、単純だった。「恩人に恩を返したい。それだけだ」

FAQ

  • Q3388 (2017-06-08)
    Q. この能力でソウルが増えたソウル自体も、その後のソウルの枚数参照に含まれますか?
    A. はい、含まれます。

収録情報

ブースターパック鬼神降臨G-BT11/085 C イラスト/桂福蔵アモンの魂は、鎧をつんざく轟雷を招き寄せる。